企業理念



    ◆ 社会に役立ち、社員と共に限りない 発展を目指す。
    ◆ 個々の想いを実現してゆく。


◆お客様の求めるシステムを開発すると共に、それを最後までフォローし続ける事も私たちの大事な役目だと
 考えております。利益だけを求めるのではなく”先義後利”の理念で、最後まで仕事を全うすることが
 私たちのモットーです。

 

◆設立当初から数多くのエンドユーザー様との直接契約による開発経験を基に、顧客ニーズに合わせた
 システムの提案・開発を実践しております。
 お客様との絆と信頼を深め、個々の力を成長させ技術力の向上に極積極的に取り組むと共に
 時代に即応した高品質で生産性の高いシステムを提供してまいります。

社名"ボパリバンド"の由来

インドのグジャラート州(インド独立の父マハトマ・ガンジーの故郷)カッチ地方にボパリバンドという村があります。
そのボパリバンド村に住むラバーリ族の女性の間では、古くから伝えられてきたミラー刺繍という
ハンディクラフト(手工芸)があり、彼女達が制作する刺繍は世界でもっとも精緻な仕事のひとつと言われ
現在でも母から娘へと受け継がれています。

当社が行うソフトウェア開発は、精緻な仕事であり続けること。
そしてその開発ノウハウを先輩から後輩へと受け継ぎ,弊社が作成したソフトウェアへの
アフターフォローを徹底することにより、お客様の発展の一翼を担えるようにとの想いを込めて
1990年6月ボパリバンド・システムと名づけました。

ロゴマークに込めた思い

社名の由来にもなりましたミラー刺繍をモチーフにし,その伝統技術の背景を
コンセプトに作成しました。
社員の全員が名称の由来のような ” 精緻な仕事 ” や ” 技術の継承 ” の意識を持ち
理念を確実に引き継ぐことで世の中に貢献し続けるという思いを込めました。

誠実・信頼・先進性を表すブルーをコーポレートカラーとしてベースに使い
お客様を大切に想う熱い気持ちを赤いアクセントで表現しました。

経営方針